抗酸化成分であるリコピンの効果について

リコピンというのはカロテノイドの一種でありトマトだったりスイカなどに豊富に含有されている赤や黄色、そしてオレンジ色の色素のことであり、βカロテンもカロテノイドの一種であるということを覚えておきましょう。リコピンはカロテノイドの一種ではありますが、βカロテンとは違って体内でビタミンAに変化しないということで少し前まであまり意味のないカロテンだとされていました。

 

しかし研究によってリコピンは非常に優れた働きがあるということで注目されましたが、その優れた働きというのが強い抗酸化作用になります。抗酸化力のあるカロテノイドの中でリコピンというのは抗酸化作用が強いとされており、これはβカロテンの2倍以上、そしてビタミンEの100倍以上だとされております。

 

リコピンの美白効果ですが、まず活性酸素を除去することによってシミなどの生成を抑制し、さらに一重項酸素という酸化力の強い活性酸素に対しても強いので、それによってたるみやシワにも非常に効果的になります。活性酸素を除去する働きではなく、メラニン生成に必要である酵素のチロシナーゼの働きを抑制する効果があるのでメラニンが生成されずにシミの発生を抑制できます。

 

そんなリコピンが豊富に含有される食品にはどういったものがあるのかというと、トマト、スイカ、グァバ、ピンクグレープフルーツ、杏子などになります。積極的に摂取することをオススメします。安全性に関しても、食品から摂取した際の副作用などの報告はありませんので問題ないでしょう。ただ、サプリメントで摂取する際には過剰摂取しないように注意してください。