アスタキサンチンの抗酸化力

いまや大人気の健康成分アスタキサンチンですが、どのような性質をもった成分なのでしょうか?

 

アスタキサンチンはカロテノイド類に分類される成分で、トマトに含まれるリコピンや緑黄色野菜のβカロテンなどの仲間ということになります。サケ、エビ、カニなどに多く含まれる赤い色素成分です。これは藻類や細菌が太陽の光などから自身を守るために作った色素で、それが食物連鎖の中で生物濃縮をおこし、上記の生物の色となっています。これらの魚介類もアスタキサンチンの抗酸化作用を利用して生きています。

 

アスタキサンチンの抗酸化力は、βカロテンの数十倍、ビタミンEの1000倍とも言われており、非常に高いものがあります。これが活性酸素のトラブルを抑えてくれるのです。

 

アスタキサンチンは1日2〜6mgの摂取が良いとされていますが、これはサケの切り身一切れ(100g)を1〜2枚程度の量になります。アスタキサンチンは脂溶性のため油を使った料理にすると摂取がスムーズになります。抗酸化成分は、対応する活性酸素の種類がありますので、他の抗酸化成分も一緒に摂取するのが良いでしょう。

 

アスタキサンチンは食べ物から摂る分には過剰摂取の心配がほとんどありません。サプリメントの場合は用法用量をしっかり守りましょう。もちろん、アスタキサンチンにどんなにパワーがあるとしても、そればかりでは体は健康にはできませんから、普段から栄養バランスの良い食事を心がけてくださいね。